スイフヨウ

作文 打出の小づち

ここは「道場日記抄」からの抜粋のページです。
一振りたたくと、何かいいものが出てきます。
小論文編

「もくじ」の「項目」をクリックしてください。
※ 現在は青字で下線のある項目の「8」まで。
(「掲載年月日」をクリックすると、元の掲載ページに飛びます)

も く じ
項 目 掲載年月日 項 目 掲載年月日
日本語のリズム Oct.12 '99 「なぜなら」という曲者 Sep.20 '12
 3 首尾 Feb.2 '12  4 必勝のパターン Nov.8 '03
 5 段落の機能 Mar.3 '02  6 難題のとらえ方 Dec.29 '11
 7 面接の極意 Jan.27 '11  8 出張講座  Mar.1 '01
 9 フレッシュマンセミナー May 18 '03  10 時事問題 Nov.3 '03
11 適正進路 Nov.26 '06 12 自己推薦入試 Dec.10 '09 
13 面接カード Jul.17 '01 14 オンライン講座 Nov.4 '01
15 リアルタイム添削 May 27 '09 16    

※ '12、'13年についてはこちらへ。


小学生の作文と国語  中学生の作文と国語  高校生の国語

公立中高一貫校入試の作文  高校入試の作文・小論文  大学入試の小論文

作文ワールド(扉)  答案百花(扉)  作品展示場(扉)

Home(トップページ)   道場日記抄  

 打ち出の小づち−総もくじ; 作文編; 国語編; 閑 話



1.日本語のリズム
補遺・補足
 歯医者の待合室で、手にした『週刊新潮』をパラパラめくっていると、山本夏彦氏のコラムが目に留まった。氏は出版社主であると聞く。歯に衣着せぬ物言いで人気があるようだ。コラムの題は『社会主義早わかり』とあり、その中に次の一節があった。

 「(新聞や雑誌の)文脈に混乱が生じたのは全国に旧制高等学校ができてからである。(中略) お雇い外人は高給だから追々日本人教師に代えたが、優等生で全国の高等学校は賄いきれない。そこへ岩波用語である。訳者は誤訳の指摘を恐れて逐字訳した。日本語はリズムを失った。(後略)」(’99年10月7日号)

 氏の話は社会主義がいかに的外れであったかの論難になるのだが、目に留まったのは「日本語はリズムを失った」というくだりである。それが翻訳のせいであり、岩波書店がからんでいるとなると、思い当たることが多い。

 岩波の本については、学生時分に十数巻の『講座』の購入予約をして後悔したことがある。新書でも時々というところだが、それはともかく、今は、大学生の文章はどうしてこうもギクシャクして分かりにくいのだろうと思う。これは特に国家U種レベルの全国模試の答案を添削・採点しているときに思うことである。何とか読めるものが数パーセント、まともに筋の通っているのは1パーセントあるかないかである。

 分かりにくいのは翻訳調の漢語が次々と出てくるため、また、ギクシャクしているのはその漢語の意味が未消化のまま使われているためといってよい。これは他ならぬ、大学の授業が翻訳語で行われているためであり、学生は「論述」というのはそんな言葉を使うものだと思いこんでいるためであろう。大学生になって文章が書けなくなっている。そんな感じさえある。

 模試の採点・添削のたび、同じ注意をしなければならないことに辟易し、いっそハンコでも作ってぺたぺた押していこうかと思ったのがきっかけで本を書く気になり、その中で若干の注意もしておいたのだが、待合室では大いなる味方を得た思いであった。翻訳調を脱しようよ、という思いには切なるものがある。








← ……代えたが、優等生ばかりを高級で雇っていては、全国の高等学校の財政はもたない。そこで、並の教師も雇うのだが、ここに問題が起きた。岩波用語である。























※ 本というのは『論作文の奥義』を指す。概要はこちらへ。

大学生になって却って文章が書けなくなっていると言ってよいが
怪しげな文章は大学入試や高校入試の「小論文」にも見られる。
これは、
輸入されたマニュアルが吟味されないまま使われているためとも考えられる。
「『なぜなら』という曲者(くせもの)」(次項)参照。


もどる



まだ日記に書いたばかりだが、話のつなぎとして、ここにも載せておこう。

2.「『なぜなら』という曲者(くせもの)」
補遺・補足
Sept.20 '12
 
 近頃は、理屈をこねまわす答案がまた増え始めた。
 理屈をこねまわすというのは、例えば「○○について、あなたの考えを述べなさい」とある場合、考えばかりを書いている類いである。これは考えに裏付けがないため、結局理屈倒れとなる。

 かつて、この種の答案は大学生に多く見られたのだが、近頃は高校生や中学生の答案にもこの傾向が見られる。特に、入試の「小論文」にその傾向が強い。
 それは一つに、論文と聞くと、何かりっぱなことを言わなければならないと考えるせいかもしれない。肩肘張って難しい言葉を使っているうちに、自分でも収拾がつかなくなって支離滅裂なものとなる。

 もう一つは、近ごろの傾向として、「○○について、私は〜〜と考える。なぜなら、それは△△だからである」というパターンのものが多いことである。その場合、じゅうぶんな証明がされていればよいのだが、多くはその後が続かないか、続いても、たいていは「なぜなら」と書いた理由についてそれを正当化する理由をつけているようなもので、これも理屈倒れとなっているのである。

 このパターンについては、それを教えるマニュアルがあって、欧米諸国で使われ(帰国子女の答案によく見られる)、それが日本に輸入されたと考えられるが、多くの答案がこの有様であるのは、マニュアルの中身が検討されないまま使われているからなのだろう。

 もともとは、自由に書かせると何を言いたいのか分からない答案が多いために、始めに考えを書かせ、それに理由を付けさせたと考えられる。
 ところが、この方法では、上に見たとおり、話が停滞するか、理屈倒れになるかで、要するに、「論」にならないのである。

 仮にそのパターンでよいとしても、理由はきちんと証明されなければならない。実例で見てみよう。
 こちら、「高校入試の小論文」公立変の、D「文章読解型2」(都立新宿)の答案へ。
 「はじめの答案」では、第1段落に「なぜなら」が見られる。ところが、理由は次の第2段落以下で、実例を挙げて照明されているから、「なぜなら」の文はなくてもよい。ついでながら、結論部に考えが述べられているから、設問に指示がなければ、始めの一文もなくてもよいのである。

 以上、論文には「なぜなら」は不要であること、むしろ、障害になること、曲者であることがお分かりであろう。

 論文は三段論法で書くに限る。
   序論 − 事例(自分の体験・見聞:事実)
   本論 − 事例の検討・考察
   結論 − そこから導かれる考え、判断
 これなら理屈をこねまわさなくても済むし、「あなたの体験」から出発すれば、出てくるのは「あなたの考え」なのである。





















































※ 科学論文なら、
  序論 ー 実験・観察のデータ
  本論 − データの検討・考察
  結論 − 法則など
となる。





3.首 尾
補遺・補足
Feb.2 '12
 
 『始めよければ半分よし、終わりよければ全てよし』
 いつ、どこで耳にしたのか、だれが言ったことなのか定かでないが、この言葉は入試の小論文に通じるところがある。特に読み手の心理を考えた場合、このことが言えそうだ。そのせいか、今年もこの言葉を繰り返すことが多かった。
 
 小論文はふつう、「序論」→「本論」→「結論」の構成で書く。これに則って、いわゆる首尾の一貫した文章になってくれればよいのだが、50〜60分という制限時間内ではこれがなかなか難しい。
 制限字数が600字程度なら何とか形になるが、1000字以上を要求されると、例えば結論部が間延びしてくる。字数を満たそうとすると、勢い蛇足にもなる。生徒諸君との話はこのような結論部の書き方から始まる。

 「おしまいを簡潔に言い切ってみよう。2〜3行くらいがよい。そうすれば、それまでごちゃごちゃ言っていたことも解消されると期待できる。それはちょうど、交響曲の演奏のようなものだ。第2、第3楽章の演奏が下手でも、終楽章がジャ、ジャーンと終われば聴衆は納得するようなものだ。『終わりよければ、全てよし』なのだ。ピシリとまとめてみよう」。
 このまとめは「本論」で言いたかったことの要約となる。自分が述べてきた考えを要約するのだが、要約となると、大事なのは「序論」も同様である。

 入試の小論文には、たいてい文章読解か資料の読み取りが課される。これを前提に自分の考えを述べることになるので、文章の要旨や資料の要点を序論に置く。これが簡にして要を得たものでないと、その後の展開がスムーズにいかない。導入がよければ聴衆が引き込まれるようなものである。文章の要約には相当の修練を要するが、それはそれとして、「始めよければ、半分よし」と言えよう。

 以上、「始め(首)」と「終わり(尾)」の書き方について述べたが、これは一種のテクニックであって、答案は飽くまで首尾の一貫したものでありたい。一貫の「中」を取り持つのは「本論」で、ここでは自身の体験や見聞をもとに課題を検討し、自分の考えを述べることになる。
 「序論」から「本論」、「結論」へ。これを短時間で行うのは容易な技ではないが、不可能ではない。

 生徒諸君には、「いきなり書き出さないで、はじめに『筋書きづくり』をしよう。15分か20分かけて作るのだ。これがしっかりできれば、あとは書くだけだから、30分もあればできる」と、懇々と言って聞かせる。
 最初は半信半疑の生徒諸君も、練習を重ねるうちに慣れてきて、直前には納得して試験場に向かう。



















































生徒諸君はたいてい書き切ってくる。「首尾は上々」といってよい。
 成果についてはこちらへ。


もどる




4.必勝のパターン
補遺・補足

Nov.8 '03

 タマさんから、ひょっこり電話があった。「カナダから帰国している、受験はもう1年延ばす、一度訪ねたい」とのことである。
 話題はさっそく、あのタマちゃんのことになった。

 夏以来になるか、アザラシのタマちゃんのことは報道されなくなっているから、今も荒川のあの辺り(朝霞市)にいるのだろう。「その代わり、トネちゃんが話題になった。利根川にも現れたというのだ」。タマちゃんが現れたころは、那珂川のナカちゃんのことも話題になっていたから、トネちゃんは3頭目ということになる。

 「なかなか時間内に書けないのですが、どうすればいいのでしょう」。タマさんは話の合い間にこんな質問をした。
 「やはり練習をすることだ。試験になれば集中力が出るから心配は要らない。練習して書き方のパターンをつかむように」と伝える。

 これはこのところ、大学入試の高校生諸君に答えていることでもある。11月は推薦入試のシーズン真っ盛りなのだが、例年合格の知らせのついでに聞いてみると、「我ながら異常とも思える集中力」が出ているということだ。それは、課題文を読みながらプロットができていっているからのようだ。つまり、必勝のパターンに沿って頭の中で作業が進行しているのだ。

 Kくんのように、間際に申し込んできた諸君のなかには、気持ちの焦りが先立って、なかなかパターンをつかめない生徒もいる。「次の文章を読んで、あなたの考えを書きなさい」とあると、どうしても考えばかりが先走って「裏づけのない意見」の答案になってしまうのだ。

 Kくんには、読解力から鍛えなおさなければならない面もあるが、練習時間が足りないのは止む無しとして、とにかく「必勝のパターン」をつかんでもらわなければならない。「喝!」を入れてみよう。



○ タマさんはカナダに留学していて、「カナダだより」を書いてくれている。こちらへ。
 この時は日本の大学に編入学をするための準備をしていた。




















○ 「必勝のパターン」については、「大学入試の小論文」へ。

実際の書き方(実践例)については、
「大学入試の小論文」(文系)同(理系)同(芸術系)のほか、
「早稲田の杜へ」を参照。


もどる




5.段落の機能
補遺・補足
Mar. 3 '02

 2日前の午後、嘉悦大の「論作文講座」で、演習答案の検討を行った。「段落」のくだりでは、ちょうどメールマガジンに次のように書いたばかりであったので、これも話の材料になった。
   …………………………………………
   ○ 段落の機能
     ・ 意味のまとまりを示す。
     ・ 文章にメリハリをつける。
     ・ リズムを生み出す。
    
 インターネットや Eメールでは段落の頭落としをしていない文章によくお目にかかります。一字下げる作業が面倒だからなのでしょうか。
 考えなり情報なりをよく伝えるためには、段落の形を活用したほうがよいと思いますが、どうでしょうか。
  …………………………………………
 嘉悦大では一人一人にパソコンを貸与して、いろいろな講座も設けている。そこで、頭落としについて聞いてみたところ、授業では「段落の初めは一字下げる」と習っているとのことであった。大いに安心する。

 思うに、「段落」は明治以降の輸入文化の中でも優れたものの一つである。今、インターネットの世界ではその優れたものが、欧米の影響でか、崩れようとしている。
 どうか、その波に流されることのないようにと、切に祈る。

学生諸君、生徒諸君の答案を見ていると、
改行のし過ぎも目につく。
「意味のまとまりによって段落を設ける」ようにしたい。


もどる




6.難題のとらえ方
補遺・補足

Dec.29 '11

 「『感覚と論理』という題で、あなたの思うところを600字以内で書きなさい」という課題が出たら、どうするだろうか。これは高校推薦入試の課題である。
 「こんな問題について、書ける人がいるのでしょうか」というのが、お母さん方の一様の感想である。「う〜ん、いるんですよねえ」と答えるのだが、実際、一目見ただけでは取り付き端もない。この日記のタイトルに「難題」と付けた所以である。

 難題なのだが、じっと眺めていれば、糸口をつかめなくはない。そこで、お母さん方には「初めて訪ねた町にいるようなものですよ」と答える。「全く不案内でも、そこいらを歩いてみれば、少し周囲の様子が分かりますね。勇気を出して、距離を延ばして歩いてみれば、道路の通じ方も見えてきます。そんなものですよ」。

 これは喩えなので、生徒本人にもこれだけではピンとこない。まだ途方に暮れたままである。ところが、スポーツ選手になら話が通じやすい。例えば野球選手になら、「きみのコーチは親切に教えてくれるだろ。難しい技術も分かりやすく、論理的にね」。と、これで「論理」が取り込めた。こうなれば、野球選手の理解は速い。「感覚」はピッチングフォームやバッティングのインパクトに結びつくのである。

 こんな課題を出す学校には『自己実現と環境』という課題もある。都立高校にも判じ物のような課題、思考を要する課題が多い。例えば、「発見とは識別であり選択である」(ポアンカレ)という類いである。
 道場では今、生徒諸君はこんな難題に取り組んでいる。考えあぐねていた諸君も、糸口をつかめば、とたんに表情が明るくなり鉛筆を走らせる。いったん走り出せば、恐るべき力を発揮する。

 難題のとらえ方のポイントは「自身」である。それが分かれば、難題も「なんだ、そうか」に変わる。



この方法によって書かれた答案は、こちらの
「高校推薦入試の小論文」(私立編)Jへ。

もどる




7.面接の極意
補遺・補足
Jan.27 '11

 「今年は面接についても考えておかなければならないかな」。高校推薦入試が近づいたころのことだ。
 生徒諸君は面接でどう答えてよいか迷っているようなのだ。「聞かれたことに素直に答えればよい」と言っても、それだけでは物足りない様子である。聞けば、周りから「面接の心得」をいろいろ聞かされているようで、中には、マニュアルを読んで途方に暮れた格好の生徒もいる。

 マニュアルといえば、本屋では「面接」という題の本を見かける。そのことだけで1冊分も書くことがあるのかなと思うが、中身については思い出すことがある。公務員試験の予備校で、小論文の添削を手伝っていたときのこと、ある退職校長が「これを校閲してくれというのだが、こんなもの本気で出すのかなあ」という。見ると、次のようなことが書いてあった。

 「面接室に入るときは、トントンとノックをしてドアを開け、『失礼します』と言って中に入り、ドアを閉めたら正面を向いて、気をつけの姿勢で上体を45度に曲げてお辞儀をする」

 退職校長は、いわば面接のベテランなのだが、「気をつけの姿勢で45度にねえ」と言う。「そんなお辞儀をされても、作りものだからねえ」と言うのだ。そばで見ていた、もう一人が「『トントンとノックをして……』というのも気になるなあ。トントンと2度たたくのは欧米では乞食ノックというと聞いたことがある」「そういえば、映画ではダダダダダと、4、5回たたいていたな」と、面接談義に花も咲いていた。

 それはともかく、生徒諸君が面接を気にするのは、一つは募集要項に面接の配点が記されていることもあるためだが、そんなことにいちいちとらわれていてはいけない。そこで、なぜ面接が行われるのか、そのあたりから話を始めることにした。と言っても、一堂に集めて話すわけではない。作文の合い間に、それも、必要に応じて話すのである。

 「面接をするのは、その生徒がどんな子であるかを見るためなのだが、学校からすると、明るくて、素直で、ハキハキしている子であれば、歓迎するだろう」「だから、面接にあたっては『にこっ』とするぐらいがよい。『にたっ』としてはいけないよ」と、この程度を話すと、生徒諸君はほっとした表情を見せる。配点のことなど忘れて、聞かれたことにありのままを話す気になるようだ。

 「明るいこと、素直なこと、ハキハキしていること」、これが面接時の三要素といってよい。
 ハキハキという点では、聞かれたことにはきちんと答えなければならないが、例えば、時事問題については詳しく知らなくてもよい。今どんな事件が起きていて、どんなことが社会で問題になっているかを、新聞の見出しやニュースで話されていることを知っている程度でよい。
 分からないことは、素直に「分かりません」と答えればよい。

 ただし、自分の過去(実績)、現在(性格)、未来(抱負)については、具体的に話せるようにしておく必要がある。これが不十分では学校との対話が成り立たないのである。

 面接といっても、別に難しいことではない。自分というものを、明るく、素直に、ハキハキと話しさえすればよい。これが極意である。


私立高校推薦入試の翌日か合格の報が入る。
みんな作文も面接もうまくいったようだ。

なお、面接という名の「プレゼンテーション」や、「集団討論」については、
別途、練習を要する。

もどる




8.出張講座 
その1 補遺・補足
Feb.22 '01

 昨日は気持ちよく明星大学の丘を下りた。

 『就職試験の論作文・エントリーシートの書き方講座』と、講座名が長くなったが、メインの論作文のほかに、エントリーシートについての話と練習を入れたのがよかったようだ。今やエントリーシートは就職試験の第一関門であり、大学生には必須条件になっている。
 先週の授業では、エントリーシートの必修三要素として「実績・長所・抱負」を挙げ、このうちの「長所」について具体的に、200字程度で書く練習を行った。「具体」ということがピンとこない諸君もいたようだが、過半はイメージの浮かびやすい事例を裏付けとしていた。これで、自己の長所を三つほども挙げ、かつ、実績・抱負とともに整理しておけば、自分自身に自信がつくのみならず、ミスマッチをしないで済むことにもなろう。

 帰りがけに、「『具体的に』という意味がよく分かりました」と声をかけてくる学生がいた。大学生の書くものは、とかく理屈に流れて読みにくいものだが、「具体」が一番の「説得の論理」であることに感付いてくれたようだ。
 長い坂道を下りながら、ホームページで『出張講座』の紹介をしようと思った。今回は、講座のメインの小論文・作文に優れた答案が多かったことでもある。こちらの「答案例」へ。

 明日は、嘉悦大だ。ここでの講座が終わったら、そのホームページづくりに取りかかるとしよう。あと一週間、もう一度200枚余りの答案と格闘しなければならないが、授業中の学生諸君とのコミュニケーションを思えば、これは楽しい格闘となる。

その2 補遺・補足
Mar.1 '01

 嘉悦大の答案150枚の評価・採点を終えた。
 「○○○○と私」という題で、丸の中に、受けたい会社、就きたい業種、気に入った商品・製品の名を任意に入れてよいことにしてあるから、答案はバラエティーに富んでいる。これをもとに、授業の脚本もできた。5日の授業での学生諸君の反応が楽しみである。

 エントリーシート用の練習答案も100枚ほど提出されている。あと3日のうちに、これも見ておかなければならない。明星大でも話したことだが、今やエントリーシートは、就職の扉を開くカギとなっている。練習答案の提出は任意としたのだが、枚数の多さは関心の高さをうかがわせる。見終わったら、これについても脚本を作るとしよう。
 答案例については、同じくこちらへ。

講座(授業)には、学校関係者が見学に訪れる。
その方々からは一様に
「こんなに私語のない、静粛な授業は見たことがない」
という感想が聞かれる。


もどる



9.フレッシュマン・セミナー

補遺・補足


準備中



しばらくお待ちください。

ご意見・ご希望・ご質問はこちら


もどる

魚の周遊