東京国立博物館


作文ワールド

社会科作文

その4

「旅行記・紀行文」特集 2



も く じ ⇒


   ………………………………
1.「GAKKO・2016 バリ島キャンプ」
      (高2 ひなのさん)
 ① Gakko・キャンプの概要
 ② キャンプの一日
 ③ ワークショップ1-「知覚と錯覚」
 ④ ワークショップ2-「特権」
 ⑤ ワークショップ3-「デザイン」
 ⑥ エピソード

2.「ヨーロッパ音楽・景観紀行」
     (中2 孟之進くん)
 ① ザルツブルク(1)
 ② ザルツブルク(2)
 ③ ハルシュタット
 ④ ウィーン
 ⑤ プラハ(1)
 ⑥ プラハ(2)

3.

「社会科作文」-その1  -その2   -その3
作文ワールドⅠ(原点) 作文ワールドⅡ(1人1人の作文) 
 作文ワールドⅣ(理科作文)  作文ワールドⅤ(スポーツ作文)
 Ⅵ(七五の四行詩)  Ⅶ(図工作文)  Ⅸ(家庭科作文) Ⅷ(エトセトラ)
Ⅹ(作文のこころ)

「東日本大震災」の作文・第1部  第2部・第3部

作文打出の小づち  総もくじ

 中学生の作文と国語  作品展示場(扉)  トップページ 



1-① Gakko・キャンプの概要

添削例・諸注意
 7月23日から8月4日まで、GAKKOというサマーキャンプで、インドネシアのバリ島に滞在しました。このキャンプは、アメリカのイエール大学を卒業した日本人が始めたもので、今年で5年になります。キャンプ地は Green Camp といい、ジャングルの丘の上にあります。
 今年のキャンプには、kohai と呼ばれる世界各地の高校生37人と、sempai と呼ばれる海外の有名大学の学生や卒業生15人が参加しました。高校生はベトナム、タイ、エジプト、パキスタン、アフガニスタン、インドネシア、アメリカ、レバノン、ドイツ、モロッコなど、いろいろな国や地域から来ていました。sempai は、kohai としての私たち高校生に対し、12日間を通して授業をしてくれます。sempai はそれぞれ建築、心理、言語、経済、哲学など、自分の分野に関するワークショップを開きます。私たちは毎日異なる授業を受けます。

 Green Camp には、丘の上のほうに4~6人が泊まれる小屋が点在しています。円形の竹の家で、扉を開けると、竹でできた2段ベッドが3組並んでいます。天井は真ん中が高く、外から見ると、とんがり帽子の形をしています。建物や家具は全て竹でできていて、丈夫で涼しげな造りです。電気は電灯だけに通っています。天井や壁は吹き抜けで、風がよく通ります。丘の斜面には食堂、教室があり、建物の一番下には、Yoga Studio があります。高床式の円形の建物で、天井が高く、周囲は吹き抜けで、風がよく通ります。50メートルくらい下に川が流れていて、水の音がよく聞こえます。
 シャワーとトイレ、洗面台は建物ごとにあります。シャワーはお湯がじゅうぶんに出ないことが多く、蛇口を全開にしても、冷たい水が細い線になって出てくるばかりでした。お湯は時間帯やシャワーを使っている人数によってまちまちで、夜は冷たいシャワーを浴びることが何度もありました。そのため、日がたつにつれて、シャンプーやボディーソープの量をできるだけ少なくして、短い時間でシャワーを済ませらるようになりました。
  トイレは、個室に便器が2つあります。大小で異なる便器を使います。水洗ではないため、小用の場合は、済ませた後備え付けのシャワーで流します。ティッシュペーパーは、流すと詰まってしまうので、横にあるゴミ箱に捨てます。用足しの後はバケツに入っている木くずを上にまいて、臭いが広がるのを抑えます。便が溜ったら、キャンプ場で働く人たちが回収してくれます。

 Green Camp は、環境に配慮するというポリシーのもと、持続性を意識した生活を送ることを求めています。食事の野菜はキャンプ場の敷地内の畑で採れたものを使います。食事ごとに使うハンドソープは、天然の素材を手づくりしたものです。
 ジャングルの中での生活は、日本の日常とはかけ離れたもので、水道の水やトイレなどが自動だということがいかに便利であるかということに気付きました。その反面、日本での生活では、自分の行動が環境とどのように関わっているかを考える機会はほとんどないため、常に外の風を感じる空間で過ごしたり、自分が排泄したものの先を考えたりすることは、今までにない貴重な経験でした。このサマーキャンプでは、たくさんの人に関わる以外に、自然と自分とのつながりを考え通すことができました。
※ GAKKOは、学校だね。





※ kohai は後輩、senpai は先輩だね。


もどる


1-② キャンプの一日

添削例・諸注意
 キャンプの朝は、7時に鳴るドラの音で始まります。敷地の中には4~5人が泊まれる小屋が点在していて、sempai のポポがあたりを練り歩きながら、ドラを打ち鳴らします。そして、7時半に全員が 'Yoga Studio' という高床式の円形の建物に集まります。円形の床の円周にクッションを並べて座ります。一人一人が全員を見渡せます。ここでは始めに、ひたすら何かを書き続けます。前日の思い出や、その時に感じたことなど、何でもよいので、筆を止めずに、母語・他国語を問わず書き連ねます。そのあと、ポポの指導で20分ほど瞑想をします。ポポの声に従って深い呼吸をして、自分の体の空気の行く道を辿ったり、身の回りで感じる音や臭い、空気に集中したり、自分はどんな時に幸せを感じるのかを考えてみたりします。瞑想では、一つのことに集中しようとしても、いくつもの雑念が浮かんだり、考えすぎて頭がくらくらしたりすることもありました。けれども、毎朝涼しい空気の中で、木々や川の水音に囲まれて自分と向き合うのは、それまでに経験したことのないものでした。瞑想のあと、隣に座っている人と、20分間どんなことを考えたか、何かうまくできたか、できなかったかなどを話します。毎朝、異なるペアで感じたことを気の済むまでじっくり話します。それを終えた人からカフェテリアで朝食をとります。朝食を忘れるほど話し込んでしまったこともありました。

 8時ごろから朝食になります。食事は、カフェテリアの奥に並べられている果物や料理を、自分の好きなだけよそいます。朝は、パンやコーンフレーク、たまごやきなどに加えて、スイカやメロン、ココナッツミルクなど、自然のものもたくさんあります。食事は、このキャンプ場に勤めているバリの女性たちが作ってくれます。毎回、竹を緩く編んだバスケットの上に、適度の大きさに切られたバナナの葉を重ね、その上に食べ物を載せます。食事を終えたらバナナの葉を捨て、竹のバスケットは次の食事のために重ねておきます。机と椅子が並べられているので、食事ごとに違う人と話すことがよくあります。ベトナムの友だちはフォーという米の麵料理が恋しいと言い、アフガニスタンから来た男の子はミルクが毎日飲めるなんて初めてだと興奮気味でした。

 日中は、sempai によるワークショップが開かれます。sempai によって建築、数学、哲学、言語、心理、美術など、教える分野が異なります。そのため、毎日全く新しいアクティビティーがあります。建築家の sempai の授業では、バリにたくさんある竹を使って、大きなシェルターを作り、ハンモックを吊るすなどしました。ダンスを勉強している sempai の授業では、感情を動きで表現することを教わりました。ふだん学校で受けるような、机と椅子に座って先生の話を聞くというスタイルではなく、自分たちも話して、動いて学んでいきます。昼食をはさんで、ワークショップが終わるのは5時~7時です。

 夕食が始まってしばらくすると、sempai が一人ずつ自分の高校時代の話をしてくれます。高校生の頃どんなことをしていたか、高校生の kohai にどんな言葉をかけたいか、などをスピーチします。夕食の後はそのまま family time になります。キャンプ中は4~5人のkohai で1組の family が組まれます。このメンバーと1人の sempai で毎晩1時間ほど話をします。その日のハイライトを3つ挙げたり、学んだこと、悔しかったことを話したり、自国の紹介などをします。少人数のグループでその日のことを共有すると、身近に親しさを感じます。

 そのあとは小屋に帰って、それぞれが思い思いに家族と連絡を取ったり、日記を書いたり、音楽を流して踊ったり、友だちとおしゃべりをしたりして過ごします。シャワーを浴び、洗濯をし、翌日の準備を整え、11時ごろ蚊帳の中へ入って眠ります。


























※ どんな器によそうのかは、この後に書かれているね。







← 机と椅子のどこに座ってもよいので、

付け加えることは何もないね。

もどる



1-③ ワークショップ1 -「知覚と錯覚」

添削例・諸注意
 sempai はそれぞれ建築、哲学、言語学、政治経済、心理学などの異なる専攻分野をもっています。そのため、12日間を通しての授業では、毎日全く異なるアクティビティがありました。ふだん学校で受けるような、教室の中で机と椅子に座って先生の話を聞くというスタイルではなく、自分たちが話して動いて学んでいきます。いくつもの授業で、特に印象深かったのは、ドーラというsempai による授業です。

 ドーラはロンドン大学で心理学と神経科学を学び、卒業した今は大学院でPhDを取ることを目指しています。彼女の授業は、キャンプの6,7日目に行われました。6日目ははじめに、ドーラのパワーポイントによるプレゼンテーションがありました。テーマは知覚で、私たちの視覚は対象をどのように捉えているのかという疑問から出発しました。錯覚は、対象がある特別な条件のもとで、その客観的事実を異なって知覚することだといいます。幾何学的錯覚(optical illusion)は、錯覚の一つで、代表的なものにミュラー・リラ―の図形があります。これは、長さの等しい2本の直線のうち、外向きの矢羽の付いた直線は内向きの矢羽の付いた直線よりも長くみえるというものです。客観的な長さよりも長く見えたり短く見えたりする錯覚の一例です。ほかにも、多義図形(ambiguous figures)や、反転図形(reversible figures)など、さまざまな錯覚の例が紹介されました。
 話の中で、色について、ある色だと認識するのは、その周りの色や、光と影の強さ、見る方向や角度などに影響されるということ、また、同じ色でも状況によって違う色として認識されることもあるということでした。

 プレゼンテーションのあと、kohai を4つのグループに分け、それぞれに一人の sempai を加え、ディスカッションをしました。テーマは、”What is the definition of reality and illusion ? "です。その前のプレゼンで、私たちは客観的事実を異なって知覚することがあると学んでいたので、それを踏まえて、現実と錯覚についてどう定義すればよいかを話し合いました。私のグループのベトナム人のアンなの子は、”Things that we see is not whole picture."と言いました。私たちが見ているものは、事実を全て映しているものではない、ということです。私たちは物事の whole picture を見ることは難しいという意見が強くなりました。パキスタンの女の子は、私たちは常に自分のレンズを通して世界を見ているから、人によって同じ物でも見え方が違うと言いました。
 そこから、レンズは自分のアイデンティティ、固定観念で、環境によって形成されるということに話が落ち着き、その上で、illusion とは何かということに話を進めました。事実と異なる姿を見せる錯覚は、現実の上に覆いかぶさるベールだとも言えます。その時、誰かが「私たちも自分自身に illusion をかけているかもしれないよ」と言いました。そこから、"What do I put an illusion to make myself ? "(自分をどのように周りに見られたいがために illusion をかけているか)という話になりました。グループの9人が一人一人じぶんにかけている illusion について話し始めました。ある女の子は、人に強く、タフに見られるように、スカートなど女の子らしい服ではなく、Tシャツを着、ジーンズをはいていると言いました、一方、ある男の子は、見た目や服装ではなく、中身で自分を判断してもらいたいから、洋服には何もこだわりがないと言いました。話しているうちに、誰もが本当の姿を外では一部隠したり変えたりしていることが分かってきました。

 ドーラの授業では、錯覚の専門的知識を日常の生活に落とし込んで考えました。ディスカッションでは、誰かの一言で新しい気づきがあったり、新たな疑問が浮かんだりしました。授業はすべて英語なので、自分の意見を言うときにうまく表現できず、悔しい思いもしました。それでも、仲間と reality と illusion について様々な面から考えていくのは、刺激のあふれる時間でした。特に、自分が「自分」についてどう捉え、他者にどう見てもらいたいと思っているのか、仲間の意見を参考に、客観的に考えるよい機会になりました。

これだけのことをよく覚えているのは、
それだけ真剣にキャンプに関わっていたからなのだろう。

もどる



1-④ ワークショップ2 -「特権」

添削例・諸注意
 GAKKOキャンプの4日目に、Joyce という sempai によるワークショップがありました。これは12日間のワークショップの中で最も強烈な印象を受けた授業でした。

 Joyce のワークショップのテーマは、’privilege’でした。日本語では特権、特典等と訳されます。はじめに、Joyce による30分ほどのプレゼンテーションがありました。彼女はアメリカの大学で政治学を専攻している、韓国系アメリカ人です。家族はみんな韓国に住んでいて、、彼女は韓国で暮らしたことがありますが、生活の基盤はアメリカです。幼いころから、南北に分かれた朝鮮半島の北朝鮮に関心をもっていたと言います。昨年は大学の研究の一環で、北朝鮮から韓国に逃れた人々にインタビューをして、北朝鮮の様子を生で聞いていくうちに、韓国人の自分と北朝鮮の人々とを分けているものは何だろうという疑問が浮かんできたそうです。それが、privilege の研究のきっかけになったということでした。

 最初に、「特権はそれを持つ人たちが守る」と言いました。強い国は強くなり、弱い国は弱くなる傾向があるとすれば、弱い国は強い国のグループに入ることが難しくなります。私たち一人一人はどんな視点や考えを持つべきなのか、自分の持つ privilege は何なのかを話し合うことになりました。そのために、その場にいた kohai 約20人と sempai 5人が輪になりました。すると、Joyce が次々と質問を読み上げます。Yes なら、輪の中心に向かって一歩進み、No なら、そこにとどまります。輪にはアメリカ、ベトナム、タイ、インドネシア、イスラエル、モロッコ、アフガニスタン、ロシア、レバノンなど、様々な国や地域から来た人がいました。
 はじめのほうの質問に、「自分の住む国や地域は安全だと思うか」というのがありました。私は迷いなく一歩を踏み出しましたが、輪を見渡すと、形は既に大きく崩れていました。質問は次から次へと読み上げられるため、私は質問を聞き取ることで頭がいっぱいで、周りを見る余裕はあまりなかったのですが、イスラエルとアフガニスタンから来た kohai が下を向いて動かない姿が見て取れました。ほかにも、「人種差別を受けたと感じたことはあるか」、「家族や親類、友だちなど、身近な人を戦争やテロ、紛争などで失くしたことがあるか」などの質問がありました。質問の多くは戦争や差別についてのものでした。最初の質問以降、私はその場にとどまるばかりでした。差別を受けたと感じたことも、自分の身に危険を感じたこともなかったからです。
 一方で、どんどん輪の中心に近づいていく人がいました。アフガニスタンの生徒です。彼は悲しいような、けれども何かを悟ったような、冷静な表情で一歩ずつ進んでいました。わたしの目は彼に吸い寄せられました。同じ歳の人が、自分とは全く異なった境遇で生きていて、ニュースの画面での出来事だと思っていた人が目の前にいるのを見て、過酷な現実を突きつけられたような気持ちでした。生まれてからずっと日本で、日本人に囲まれて育ってきた私にとって、このアクティビティーは十分すぎるほどのインパクトでした。アフガニスタンに限らず、人によって質問の答えは違って、最終的には輪の形は消えていました。
 その時の私は、「私にとっての privilege は何だろう」、「私はどんなprivilege をもっているのだろう」と考えて、頭がいっぱいでした。同時に、紛争や差別などの言葉を自分のこととして考え、ほかの kohai の質問の答えを見て、どきどきと緊張してきました。生まれて初めての気持ちで、どうすればいいのか、頭がふらふらして、手足もふらふらしてきました。

 このアクティビティーのあと、全員で 'privilege' について自由に話しました。私だけでなく他の人も、世界中には様々な人がいて、様々な出来事が起きていることを身をもって感じたということでした。私は自分の日本での生活がどれだけ安全で、尊いものなのか、改めて気づきました。私はそれも一種の privilege かと思いましたが、毎日が命の危険と隣り合わせの地域には privilege がないのではないことも知りました。アフガニスタンの男の子は、「僕は国を出て、ここで学ぶ機会を得た。僕は最高の privilege を持っている」と言いました。世界には私が知らないいくつもの面があることを強く印象付けられた、忘れられないワークショップでした。























← ……難しくなるということから、私たち一人一人は……

輪が崩れていたとか、輪が消えていたとかいうのは、
静かなインパクトとなっている。
世界の平和を実現する難しさを感じさせる。

もどる



1-⑤ ワークショップ3 -「デザイン」

添削例・諸注意
 GAKKO camp の9日目に、デザイナーのJulia によるワークショップが開かれました。彼女は大学を卒業して、現在はデザイナーとしてサンフランシスコのスタジオで働いています。
 Julia が手がけているのは、スーパーに並ぶ商品の広告パッケージやイベントのポスター、料理本の写真のスタイリング、ウェブサイトのデザインから、指輪やブレスレットなどのアクセサリー、食器など、多岐に渡っています。Julia は、デザインは工業製品であっても美術品や日用品であっても、全て意図や目的をもって考えられていると言います。デザインを考える上で重要なキーワードは、バランス、コントラスト、パターン、リズム、動き、強調、統一性だそうです。缶詰一つのパッケージでも、巻かれたラベルの色、文字のフォント、大きさ、イラストなど、全てがデザイナーの意図によって選ばれていると言い、Julia は、依頼する人や会社、団体との対話を繰り返し、デザインを通して伝えたい情報、強調する点や特徴、他との差別化を図る要素を明確にしていくと言います。毎回異なる媒体を扱うため、常に新しいことを勉強する必要があると言っていました。

 ワークショップの前半は、Julia の仕事のことや、デザインとは何かについてのプレゼンテーションで、後半は kohai 一人一人がデザインをすることになっていました。
 デザインのテーマは、自分の旗を作ることです。キャンプ場に生えている木々の葉を使った手作りの紙に、絵の具で自分の旗を描きます。Julia によると、何かをデザインするうえで、デザイナーは「アイデンティティー」を考えます。自分のアイデンティティ-は何かを考え、次にそれを視覚化する必要があります。世界の国旗には一つ一つ意味があり、象徴するものがあるように、自分の複雑な考え、感情を形と色にして、旗として自分を表します。
 私はまず、自分のアイデンティティーを表す言葉を探すことから始めました。自分はどんな人間で、何が自分を作り、他者とどう違っているのか、考えましたが、見当もつきませんでした。そこで、思いつくままにノートに言葉を書き連ねていきました。observing(観察)、curious(好奇の)、timid(臆病な)、negative(否定的)などが挙がりました。それを見て、Julia と、ロシアの Ekaterina という友だちが、”You should add 'ambitious and 'caring' "と言いました。私は「野心的な」とか「思いやりのある」という意味の言葉を加えるのは気恥ずかしかったのですが、自分を表す言葉だと思って受け取りました。次に、自分を表す色を、それまでに挙がった言葉をもとに選んでいきました。「Green」と「Yellow」になりました。2つの色にはそれぞれ、次のような意味を込めました。
 Green - nature, green tea (from my hometown)
 Yellow - curious,paying attention,vivid
 そして、実際に絵の具で自分の旗を描いていきます。私は curiosity を何本ものぐねぐねと伸びる黄色の曲線にし、そのコントラストとして、自分のhope がぶれないようにという願いを込めて緑の直線で表しました。
 最期に、描き上げた旗を、kohai が一人ずつ前に出て紹介します。sempai を含め、50人近くの前で一人きりで話すことは、キャンプが9日目であっても緊張するものでした。自分のアイデンティティーとなる言葉、意味、形、色について話し始めると、周りの人たちがじっと私を見つめながら、私の話を聞いている様子に気がつきました。自分の話す英語の文法、単語、発音は間違っていないだろうか、と考えるよりも、自分の思いを伝えようと必死でした。時々つかえてしまいながらも、話し切りました。

 自分は何者なのか、ということを客観視して考え、それを視覚化していくのは、難しい作業でしたが、今回のワークショップでは、目的をもって選択をしていくというデザインの方法とテクニックを学ぶことができました。ついでに、自分の考えを伝えたいと思えば、不十分な英語で、かつ即興であっても、通じることを実感できる機会となりました。


















































◯ ひなのさんが住んでいるのは埼玉県の狭山地方で、お茶の産地なのだね。


もどる



 1-⑥ 「エピソード」

「GAKKO」は勉強の場であるとともに、
国際交流の場でもある。

今回はそのうちの一つを紹介して
キャンプの締めくくりとしよう。

添削例・諸注意
 このキャンプに参加した高校生の中に、ひときわ目立った3人の男の子がいました。3人はアフガニスタン人で、インターネットでこのキャンプのことを知り、参加費、飛行機代を運営団体から出してもらって参加したということでした。彼らは、自国で学んだという流暢な英語を話し、日本のことを知りたいと言って、私にもよく話しかけてきました。バリに到着して、アフガンからの参加者がいると聞いた時、私の頭に思い浮かんだのは、紛争、爆弾、泣き叫ぶ人の姿です。しかし、実際に話すと、3人とも明るく、自国の将来のために学びたいと目を輝かせていました。アフガンの伝統衣装や音楽、ダンスを披露してくれることがよくありました。3人は、他の国の参加者と何ら変わることのない、真面目な人たちだと分かりました。

 キャンプの終盤あたりで、3人とも荷物はリュックと紙袋を一つ持っているだけだと改めて知りました。ある夜、3人のうちの1人がシャワールームの前で、「だれかシャンプーと石けんを貸してくれないか」と言いながら歩いていました。その時、その前を通りかかったインドネシアの男の子が「はい」と、さりげなく石けんとボトルを差し出しました。アフガンの男の子はお礼を言って、シャワールームに入りました。私は、目の前で起きた数秒のやり取りが、その夜は頭から離れませんでした。とても美しい出来事を目にしたと思いました。
 バリ島で最も印象に残ったのは、この光景でした。


もどる



「ヨーロッパ音楽・景観紀行」
 

 2-① 「ザルツブルク」(1)

内容が濃く長いので、2回に分けて紹介しよう。

添削例・諸注意
 夏休みに家族で、オーストリア、チェコに行った。1週間の旅行で、最初に行ったのはオーストリアのザルツブルクだった。この町はモーツァルトの生まれ故郷である。また、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」の撮影場所でもあって、音楽で有名な町だ。
 ザルツブルクに着いたのは夜の10時だった。それまで、東京から15時間以上移動していたので、ホテルに着くとすぐベッドに入った。普段は海外に行くと時差に悩まされるが、この日はぐっすり眠ることができたので、次の日は楽しく観光することができた。

 朝起きて窓を開けると、気持ちのよい冷たい風が入ってきて、雲一つない真っ青な空に黄色い、まぶしい太陽があった。シャワーを浴び、着替えて、ホテルの朝食を食べに行った。朝食はやはりビュッフェ形式だったのだが、置いてあるものに驚いた。10種類以上のハムと5種類ほどのチーズがあった。僕はお皿いっぱいにハムとチーズを盛って、それをパンといっしょに食べた。どのハムもおいしくて、やめられなかった。一方、弟は卵が好きなので、お皿にいっぱいのスクランブル・エッグと、ゆで卵を2つのせていた。他に野菜とパンも少し食べていたが、せっかくヨーロッパに来たのだから、もっと現地の名産を食べればよいのにと思った。ただ、弟いわく「ゆで卵が最高においしかった」。

 街の見どころは旧市街にあった。新市街と旧市街の間にザルツァッハ川が流れている。ホテルからその川に沿って歩いて行った。川は広くゆったりとした流れで、決してきれいとは言えないが、緑色の流れは街の景観によくなじんでいるように見えた。
 旧市街に一歩足を踏み入れると、ひどく狭い道がたくさんの人でごった返していた。有名なブランドのブティックが立ち並んでいたからだろう。最初に大聖堂に向かった。バロック様式のこの教会は、天井いっぱいに聖人や神話の世界の人々の絵があり、壁は白く、上のほうには彫刻がほどこされていた。ステンドグラスはないが、窓からたくさんの光が入り、静かで品のある、美しい内装だった。モーツァルトはここで洗礼を受け、後にオルガン奏者を務めたそうだが、モーツァルトの曲の派手なイメージとはかけ離れた感じの教会だった。
 次に、丘の上に立つホーエンザルツブルク城塞に向かった。丘はとても急なため、ロープウェイで登った。ロープウェイを降りて最初に目に入ったのは、ザルツブルクの街だった。旧市街とその後ろにある山は水彩画のような眺めだった。城塞の中に入ると、建物は低めで、平らな灰色の屋根と白い壁の家の、窓には色とりどりの花が飾られ、いつか見たシチリアやギリシアの町並みに似ているような気がした。

 最後にモーツァルトの生家に行ったが、あまり面白い所ではなかった。モーツァルトの生涯を紹介するというよりは、当時の人々の生活を紹介するようなところが多かったので、期待していたものとはかなり違っていた。

この日の楽しみは夜にあった。

もどる



2ー② 「ザルツブルク」(2)


さあ、どんな楽しみが待っているのだろう。

添削例・諸注意
 夜は、今回の旅行で最も楽しみにしていたマウリツィオ・ポリーニのピアノコンサートに行った。会場に着いて最初に驚いたのが、そこにいた人たちの服装だった。みんなコンサートに出演するのではないかと思うぐらい華やかなドレスやタキシード、スーツを着ていた。僕も一応、白いシャツに黒のズボンをはいていたが、もう少し正装をしてもよかったと思った。父は黒のスーツ、母は白いドレスを着ていた。中に入ってまもなく弟は眠り始めた。フライトの次の日だったため不思議ではなかったが、もったいない気もした。
 最初の曲は、シューマンの幻想曲だった。この曲の冒頭部分の音の広がりも好きだが、いちばん好きなのは第3楽章だ。この楽章ではたくさんの表情が出てきて、幻想の世界が表現される。ポリーニの演奏は少々ためが多いような気がしたが、やはり表現力が豊かで、すばらしい演奏だった。シューマンのあとはショパンのバラードとノクターンを2曲ずつ弾いて、スケルツォの第1番で締めくくった。
 ショパンをポリーニが弾き出した瞬間、聞こえてくる音が違うような気がした。まるで全く別のピアニストが演奏しているように聞こえた。ポリーニのショパンは他のどのピアニストとも別格だという気がした。特に、最後のスケルツォは一つ一つの音にキレがあり、とても迫力のある演奏だった。今までに聞いたショパンの中で一番の演奏だった。最後にアンコールで、ノクターンの第2番と革命のエチュードの演奏もあり、このコンサートは最初から最後までぼくの好きな曲ばかりで、とても満足のいくものだった。

 2日目は、自転車を借りて、4人でザルツブルクの郊外へ行った。15分くらい行ったところから草原が広がり、両側に山があった。そこからはホーエンザルツブルク城塞も見えた。遠くから山といっしょに見る城塞がよかった。30分ほどしてヘルブルン宮殿に着いた。ここはサウンド・オブ・ミュージックの撮影に使われた場所で、とてもきれいな庭があった。日本の庭園のように一つ一つが繊細で美しい感じではなく、ダイナミックで迫力のある庭園だった。市街へ戻る途中、サンドウィッチを買って、ザルツァッハ川の岸で、川と旧市街を眺めながら昼食をとった。
 自転車を返して、そこからレンタカーを借りて、次の街ハルシュタットへ向かった。

クラシック音楽に対する鑑賞力もさることながら、
文章にキレがあるなあ。

もどる



2-③ 「ハルシュタット」

ウイーンへ行く途中に、
書き記しておきたい町があったようだ。

添削例・諸注意
 ザルツブルクから車で3時間ほど走り続けて、大きな湖の広がるハルシュタットという町に着いた。360度山に囲まれている小さな町だが、景観がすばらしい。世界遺産にも登録されている。着いたのが夕方だったので、夕食をとって、ホテルに行って、すぐに寝た。
 次の朝、早く起きて家族で湖の周りを散歩した。最初は少し靄がかかっていたが、太陽が昇ってくると、水面が鏡となって、後ろの山をくっきりと映し出した。その光景は、どのように写真を撮っても、どれもプロのカメラマンが撮った写真のようだった。
 散歩を終えて朝食をとっている時、ちょっと変わった光景を目にした。インド人と思われる女の子が、ゆで卵の上のほうだけからを取り、少し広めの穴をあけて、そこからスプーンですくって食べていた。後で、イギリスから帰国した生徒に聞いてみると、ヨーロッパではごく普通のことだということであったが、僕にとってはとても不思議な食べ方だった。もっとも、1つ1つからをむいて食べている僕たちのほうが、ヨーロッパの人たちには不思議に見えたかもしれない。
 午前中は、近くのクリッペンシュタインという、標高2,108メートルの山に登った。と言っても、頂上付近までロープウェイに乗る。木は一本もなく、とても見晴らしがよく、開放感のある、気持ちのよいハイキングだった。
 午後は車でウイーンに向かった。途中、ウイーン郊外にあるシェーンブルン宮殿に寄った。







〇 「すばらしい」と書かなくても、すばらしい景色であることがよく分かる。







〇 こういう文化の違いの入っているのもいいね。


宮殿のことは次の項で。

もどる



2-④ 「ウィーン」

準備中


しばらくお待ちください。

ご意見・ご希望・ご質問はこちら

添削例・諸注意


もどる