作文ワールド


(いろいろな作文)

― その2―
も く じ
    

「その1」がいっぱいになったので、ここに「その2」を設ける。
「その1」はこちら


も く じ
「片づけ」 中1 涼夏さん 「ぎろっ!」 中3 花歩さん
「新・寝太郎物語」 中3 沙耶さん
10
11 12
13 14
15 16
17 18
19 20

作文ワールドⅠ(原点) 作文ワールドⅡ(1人1人の作文) 
「Ⅲ社会科作文」-その1  -その2  -その3   Ⅳ(理科作文) 
 Ⅴ(スポーツ作文)  Ⅵ(七五の四行詩)  Ⅶ(図工作文) Ⅸ(家庭科作文)
Ⅹ(作文のこころ)

「東日本大震災」の作文・第1部  第2部・第3部

作文打出の小づち
総合案内

作文編  国語編  小論文編  閑 話

 小学生の作文教室  「作品展示場」  トップページ 



.「片づけ」(中1 小林 涼夏)

短編小説のような作文を紹介しよう。

添削例・諸注意
 5年生の夏休み前の頃、教室で友だちと話しながら、朝の準備をしていた。その友だちは声が大きく、アクションが大きい女の子だ。その子が机の引き出しを開けた。その瞬間、「ギャー、いやっ、ゴキブリだー」とさけんだ。引き出しからゴキブリが飛んで出てきたのだ。その声の大きさに皆びっくりした。となりのクラスの人までが見に来てしまった。皆、その子の引き出しを見て、おどろいていた。「きたな!」と声をもらしている人もいた。口の悪い人は、「このきたなさは、だれもまねできない」と言っていた。その子は、この事件を機に、引き出しをきれいにするようになった。
 その1か月後には、クラスの中で引き出しが一番きれいになっていた。しかし、引き出しの中に入っていたものは、机の横にかけてある手提げの中につめこまれているだけだった。私はそれを知って、中休みにその子と片づけをすることにした。手提げの中がすっかりきれいになり、その子に「助かった」とお礼を言われた。ところが、1週間後には引き出しの中は元にもどっていた。それからは毎日注意して、今ではきれいにたもっている。
 私も家の机の上がすごくきたない。勉強できないほどだ。しかし、私は友だちの出来事があって、自分もがんばろうと思って、机の上を片づけている。今はすごくきれいだ。これからも片づけをし、気持ちよく勉強できるように心がけたい。


横光利一(川端康成と同時代の作家)に「機械」という短編がある。
この作文はどことなく、それに似ている。

もどる



2.「ぎろっ!」 (中3 宮尾 花歩)

添削例・諸注意

準備中


こちらへ

しばらくお待ちください。

ご意見・ご希望・ご質問はこちら




もどる