写真集

ちょっと自慢 !

− その2−

「滝」
@ 七ツ釜五段の滝(山梨)
A 吹割の滝(群馬)
B 称名滝(富山)
C 阿弥陀ヶ滝(岐阜)
D 丸神の滝(埼玉)
E 安倍の大滝(静岡)
F 米子大瀑布(長野)
G 平湯大滝(岐阜)
H 北精進ヶ滝(山梨)
I 

写真集「ちょっと自慢」その1へ  同その3「花」へ

道場日記抄へ  案内所の扉へ  トップページへ 


※ 「その2」「その3」を設ける経緯については
「道場日記抄」:May14 '09 の項へ。



まず2つ、ユニークな滝をお目にかけよう。


@ 七ツ釜五段の滝(山梨)

七ツ釜五段の滝(山梨)

写真は上部3段。
この右下にもっと長いのが1段落ちているが、
それを入れると、バランスを失する。
水は青緑色に透き通っている。

もどる



A 吹割の滝(群馬)

吹割の滝(群馬)

川が蛇行する辺りの岩に、
深さ6〜7メートル、長さ30メートルほどの裂け目があり、
そこに水が流れ込んでいる。
下流部では水煙が立ち昇っている。

もどる



B 称名滝(富山)

称名滝

高さは350メートルで、日本一。最下段で126メートル。
立山連峰から西に流れ落ちる。

もどる



C 阿弥陀ヶ滝(岐阜)


高さは60メートル。
幽玄の地のおいて、見る者に畏敬の念を起こさせる。

「見たか聞いたか、阿弥陀ヶ滝を。滝の高さとあの音を。」
(郡上踊りの文句の一節)

もどる



D 丸神の滝(埼玉)



高さは50メートル。

「滝奥の枯れ藪透けて日の一輪」

この句は、かつて他の滝でものしたものであるが、
このたびは、改めてそれを地で行く光景に出会った。

平成24年2月16日、正午頃。
林道から凍り道を30分ほどかけて登っていったところ、
ちょうどよい巡り合わせであった。


もどる



E 安倍の大滝(静岡)


高さは90メートルとも100メートルとも言われる。
実測したことがないのだそうだ。

もどる



F 米子大瀑布(長野)

次の二つを合わせて「米子大瀑布」と呼んでいる。

権現滝(75m) 不動滝(85m)

二つの滝の位置関係は次のようになっている。

もどる



G 平湯大滝(岐阜)


高さ64メートル。飛騨三名瀑の一つ。

もどる



H 北精進ヶ滝(山梨)

東日本で最も高い滝。高さ121メートル。



もどる