トビ(奥多摩湖畔)

1.宙ちゃん


作文ワールド
パートU

@「にじ」
A「作文のだいがない」
B「お父さんとお母さんのいない日」
C「ちきゅうぎのたび」
D「タンポポを食べた」
E「ぜつめつした動物」
F「ぼくはポシェット」


G「空飛ぶゼニガメ」



○「イグアナがにげた」
(添削マガジン)

 作文ワールド(原点) Uの表紙へ 作文ワールドV(社会科作文) 
W(理科作文) X(スポーツ作文) Y(七五の四行詩)  Z(図工作文)
\(家庭科作文)   [(エトセトラ)   ](作文のこころ)
「東日本大震災」の作文・第1部  第2部・第3部

トップページ 小学生の国語と作文

作文打出の小づち
総もくじ
作文編  国語編  小論文編  閑 話


1.宙ちゃん

 宙ちゃんは今、小学3年生(Sep.'01)。去年の夏休みに入る少し前に、道場にやってきた。チュウちゃんという。
 宙ちゃんはせっせと書く。「きれいだな」というテーマについて、洗車に行った時のことを書いた。

@  「にじ」

初めの作文 添削例・諸注意
     にじ

 お父さんとお姉ちゃんと車を洗いにせん車
場へいきました。

 さいしょはぞうきんに水をつけて車をふき
ました。お父さんがやねで、ぼくがタイヤで、
お姉ちゃんがまどのかかりでした。つぎに、
スポンジに水をつけてふきました。それから
そうじきで車の中のゴミをとりました。

 さいごに水とシャンプーのボタンをおすと
あわといっしょに水がいきおいよくでてきま
した。車にあたってしぶきが上がりました。
そのときににじがでました。お姉ちゃんとぼ
くはにじをくぐってみました。にじをくぐっ
たらちょっとぬれました。

 にじはきれいでした。車をあらってからお
父さんは近くの自どうはんばいきでジュース
をおごってくれました。


← ぼくはお父さんと……

 この作文をもとに、「七・五の四行詩」をいっしょに作ってみる。
第一連でヒントを与えると、第二連をすらすら書いた。
去年の「道場日記抄」で紹介済みだが、再録する。
に  じ
車をあらいに せん車場
さいしょはぞうきん 水をつけ
やねは父さん ぼくタイヤ
まどのかかりは お姉ちゃん
つぎはシャワーで シャンプーだ
いきおいつよく ふきつけろ
あわにまじって しぶきがあがる
にじがたったよ ああ にじだ!
            

もどる



次に、一番の傑作を紹介しよう。

来て2か月後くらいの頃のことだった。
宙ちゃんは金曜日に来ている。


A 作文のだいがない

初めの作文 添削例・諸注意
    作文のだいがない

 ぼくは作文どうじょうで出された作文のし
ゅくだいを木よう日にやろうとおもった。し
かし作文のだいがみつからないから金よう日、
学校からかえってからやろうと思った。しか
し、その日もだいがみつからなかった。ぼく
はこのときどうしようかとおもった。だいが
みつからないまま、時間だけがすぎていく。
でも、やっぱりだいがみつからない。そした
ら、お父さんとお母さんが作文のだいのヒン
トをくれた。お父さんは今がっこうでやって
る勉強の100マスたしざんか、カードあつめの
ことをかけばといった。お母さんは、ぼくを
お母さんがだっこしてマンションをひとまわ
りしてしてくるあいだの気もちか、作文のだ
いがないにしたらといった。そのけっか、ぼ
くはこのだいにした。ぼくはなんでだいがな
いんだろうとかんがえた。ぼくは心にのこっ
てないからだ、とおもう。こんどから、心に
のこしておこうとおもった。







← ※「だいがみつからないまま……」で改行。








← ※「ぼくはなんで……」で改行。

読点の打ち方や漢字についての注意事項は、ここでは省略する。
テンポがまことに快い。

もどる


B 「お父さんとお母さんのいない日」

初めの作文 添削例・諸注意
   お父さんとお母さんのいない日

 10月31日の火よう日、お父さんとお母さん
が、らくごをききに行きました。それでぼく
とおねえちゃんだけになりました。おかしを
たべながら、ビデオを見てました。ビデオは
のび太の太よう王でんせつとひとみの中のあ
んさつしゃでした。おねえちゃんはひとみの
中のあんさつしゃがこわいといっていました。
ぼくは、お父さんとお母さんがいないからじ
ゆうでうれしかったです。お母さんは火をつ
かってはだめといったのでおふろにはいれま
せんでした。二つのビデオをみてもじかんが
あまったのでのび太の太よう王でんせつをも
う一回見ました。そしてゲームをしました。
ゲームはマリオパーティーをやりました。ね
むくなったのでゲームをやめてねようとした
けど、お母さんたちが帰ってこないのでしん
ぱいでねむれませんでした。けどよこになっ
たらお母さんたちがすぐにかえってきてくれ
たのですぐねむれました。



← それで、ぼくと……

※ 以下、かっこ、読点、漢字等の注意事項は省略。次の書き直しの答案参照。

漢字を知らないわけではない。
かな書きが糸を紡ぎだすようなリズムに合っているのかもしれない。
書き直した作文 添削例
   お父さんとお母さんのいない日

 10月31日の火曜日、お父さんとお母さんが
らくごを聞きに行きました。それで、ぼくと
お姉ちゃんだけになりました。おかしを食べ
ながら、ビデオを見ました。ビデオは「のび
太の太よう王でんせつ」と「ひとみの中のあ
んさつしゃ」でした。お姉ちゃんは「ひとみ
の中のあんさつしゃ」がこわいと言いました。
 ぼくはお父さんとお母さんがいないから、
じゆうでうれしかったです。お母さんは火を
つかってはだめと言ったので、おふろに入れ
ませんでした。二つのビデオを見ても時間が
あまったので、「のび太の太よう王でんせつ」
をもう一回見ました。そして、ゲームをしま
した。「マリオパーティー」をやりました。
 ねむくなったので、ゲームをやめてねよう
としたけど、お母さんたちが帰ってこないの
でしんぱいでねむれませんでした。でも、よ
こになったら、お母さんたちが帰ってきてく
れたので、すぐねむれました。
 


安心して眠った様子が目に浮かぶ。

もどる


C「ちきゅうぎのたび」

初めの作文 添削例・諸注意
     ちきゅうぎのたび

 ぼくの前にちきゅうぎがある。ちきゅ
うの半分いじょうがうみだ。でも、ぼくは
ちきゅうの半分いじょうがうみなのにう
みにいったことがすくない。お母さんと
お姉ちゃんとお父さんはにほんいがい
のくににもいったことがあるのにぼくだ
けにほんいがいのくににいったことがな
い。お母さんはオーストラリアとマレー
シアにいったことがあってお父さんがフ
ランスとちゅうごくとマレーシアにいった
ことがあってお姉ちゃんがマレーシアに
いったことがある。ぼくはお母さんのい
ったことのあるオーストラリアにいきた
い。なぜかというとブーメランがうってい
るからだ。それと、オーストラリアにいっ
たともだちもいる。お母さんは小学六年
生になったらつれていってくれるといっ
ている。早く小学六年生になりたい。   



※ 書ける漢字は使おう。


← 改行。

← …あるのに、ぼく


← …あって、お父さん

← …あって、お姉ちゃん
← 改行。








地球儀を見て、宙ちゃんは盛んに話を引き出している。
直したのを載せておこう。
書き直した作文 添削例・諸注意
     地きゅうぎのたび

 ぼくの前に地きゅうぎがある。地きゅ
うの半分いじょうが海だ。でも、ぼくは
海にいったことが少ない。
 お母さんとお姉ちゃんとお父さんは、
日本いがいの国にも行ったことがある
のに、ぼくだけ日本いがいの国に行っ
たことがない。お母さんはオーストラリ
アとマレーシアに行ったことがあって、
お父さんはフランスと中国とマレーシア
に行ったことがあって、お姉ちゃんがマ
レーシアに行ったことがある。
 ぼくはお母さんの行ったことのあるオ
ーストラリアに行きたい。なぜかという
と、ブーメランを売っているからだ。それ
と、オーストラリアに行った友だちもい
る。お母さんは小学六年になったら、つ
れていってくれるといっている。
 早く小学六年生になりたい。   



夢は海外へとふくらむ。

もどる


D「タンポポを食べた」

初めの作文 添削例・諸注意
   タンポポを食べた

 ある日、学校の20分休みにたか文
くんとひみつきちをつくりました。花だ
んのうらの人の目につかないところに、
ぼうで回りをかこんでつくりました。そ
の日にあるやくそくをしました。それは
つぎの日にしおとさとうをもってくるとい
うやくそくです。それでつぎの日になり
ました。ぼくがしおでたか文くんがさと
うをもってきました。そして、タンポポの
はっぱの上にかけて食べました。味は
まずいようなおいしいようなよくわかり
ませんでした。次の日、ぼくはたか文
くんがわすれるかもしれないのでさと
うとしおのりょうほうをねんのためもっ
てきました。そしたらぼくのかんはて
きちゅうしました。なんと、たか文くん
はさとうがいえになかったのでくりをも
ってきたのです。ぼくたちはさすがにタ
ンポポにくりはかけないでくりにさとう
をかけてたべました。なのでしおはぼ
くがかえる時に食べました。そして冬
休みになったのでかいさんしました。  
(※ 読点の打ち方についての注意は省略。次の書き直した文を参照)


← まわりを(周りを)


← 次の日(※改行)


← ひみつきちにはタンポポがあったのです。
← その次の日(※改行)








← (※改行) 冬休みになったので、ひみつきちは

学校生活の一端がうかがわれる。

読点の打ち方とともに、知っている漢字は使うよう指示する。

書き直した作文 添削例・諸注意
   タンポポを食べた

 ある日、学校の20分休みに、たか文
くんとひみつきちを作りました。花だん
のうらの人の目につかないところに、ぼ
うでまわりをかこんで作りました。その
日に、あるやくそくをしました。それは、
次の日にしおとさとうをもってくるという
やくそくです。
 次の日、ぼくがしおで、たか文くんが
さとうをもってきました。そして、タンポ
ポのはっぱの上にかけて食べました。
ひみつきちにはタンポポがさいていた
のです。味はまずいような、おいしいよ
うな、よくわかりませんでした。
 その次の日、ぼくは、たか文くんがわ
すれるかもしれないので、さとうとしお
のりょうほうを、ねんのためもっていきま
した。そしたら、ぼくのかんはてきちゅう
しました。なんと、たか文くんはさとうが
家になかったと言って、くりをもってきま
した。ぼくたちはさすがにタンポポにくり
はかけないで、くりにさとうをかけて食
べました。しおがのこったので、帰る時
に食べました。
 冬休みになったので、ひみつきちは
かいさんしました。  


もどる

E「ぜつめつした動物」

 宙ちゃんは好奇心が旺盛で、調べものもよくするようだ。
そんなことから、自然に読書家にもなっている。これはその一端である。
 例によって、ひらがながちで、読点もかなり無視して書いてある。

初めの作文 添削例・諸注意
   ぜつめつした動物

 ぜつめつした動物は、エピオルニス
やタスマニアオオカミや、サーベルタ
イガーなどいろいろあります。そのな
かでもっとも、ぼくがすきなどうぶつは
サーベルタイガーだ。なぜかというと
かっこうよくて、つよいからです。
 でもサーベルタイガーは八〇〇〇年
から一万年まえにぜつめつしてしまっ
たのでもういません。もし、サーベルタ
イガーがいまもいきていたとしたらペッ
トにして、つれて歩いたり、のったりし
たいです。でもサーベルタイガーは人
をたべたりするからちょっといまもいき
ていたらたいへんかもしれません。
 ライオンとトラとサーベルタイガーが
たたかったらぼくは大きな牙のサーベ
ルタイガーがかつと思います。母さん
はぜつめつしたりゆうはキバを大きく
しすぎたからだといっています。ぼく
は、とにかく大きくなってしまうとぜつ
めつしてしまうんだと思います。たとえ
ばからだをでかくしてしまったきょうりゅ
うや大ナマケモノなどみんなぜつめつ
しています。なぜ大きいのはぜつめつ
したかというと、まわりのへんかにたい
おうできなかったからです。地きゅうの
へんかがなかったらたくさんのどうぶつ
がいきていたかもしれません。  
(※ 漢字については円囲みの印をつけておく)


← その中で、ぼくが最も好きな
← サーベルタイガーです。
← でも、サーベル…


← ……したら、ペット

← でも、サーベル
← ……するから、今も生きていたら、ちょっと大変かも
← たたかったら、ぼくは
※ 「母さんは…」で改行。



← 例えば、体を





← ……なかったら、たくさんの

 漢字で書くべきところには赤で印をつけておく。宙ちゃんはそれをたいてい漢字で書いていく。
学年配当漢字を気にしなくても済む。
今回は「ぜつめつ」と「きょうりゅう」について辞書を引かせる。

初めの作文 添削例・諸注意
   絶滅した動物

 絶滅した動物は、エピオルニスやタ
スマニアオオカミ、サーベルタイガーな
ど、いろいろあります。その中で、ぼく
が最も好きな動物はサーベルタイガー
です。なぜかというと、かっこうよくて、
強いからです。
 でも、サーベルタイガーは八千年か
ら一万年前に絶滅してしまって、もう
いません。もし、サーベルタイガーが
今も生きていたとしたら、ペットにして、
つれて歩いたり、乗ったりしたいです。
でも、サーベルタイガーは人を食べた
りするから、今も生きていたら、ちょっ
と大変かもしれません。
 ライオンとトラとサーベルタイガーが
戦かったらぼくは大きな牙のサーベル
タイガーが勝つと思います。
 母さんは、絶滅した理由はキバを大
きくしすぎたからだと言っています。ぼ
くは、とにかく大きくなってしまうと絶滅
してしまうんだと思います。例えば、体
をでかくしてしまった恐竜やオオナマケ
モノなど、みんな絶滅しています。なぜ
大きいのは絶滅したかというと、まわり
の変化に対応できなかったからです。
地球の変化がなかったら、たくさんの
動物が生きていたかもしれません。  













← 人をおそったり食べたりするから 

 これは春休みの作で、4月から宙ちゃんは3年生になる。
ほとんど毎週書いているから、かなりの数になるのだが、2年生の時のものはこのくらいにしておこう。

もどる


F「ぼくはポシェット」

初めの作文 添削例
     ぼくはポシェット

 ぼくはポシェットです。ぼくのごしゅじん
は加藤宙太郎くんです。宙太郎くんは三年生
です。宙太郎くんは毎日友だちとあそぶとき
など、ぼくをおなかにくっつけます。いつも
はベイブレードを入れます。でも、たまにロ
クヨンのコントローラーなどとてもたくさん
入れてとてもきつくなることがあります。
 ぼくは、宙太郎くんのお母さんに買ってき
てもらいました。ぼくは入れる場所が二つあ
って二つともチャックしきです。前の入れる
場所の前には、にわとりのえと、lecoqspo-
ttifというなまえが書いてあります。
 ぼくはごしゅじんさまにずいぶんきにいら
れてるようで、うれしいです。もっといっぱ
い使ってもらいたいです
 
 

もどる




  かつて「添削マガジン・『光る文章』講座」に掲載した「イグアナがにげた」を収載しておこう。

マガジンのレイアウト(「←」や「※」などの符号)の関係で左寄せにしてある。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 「光る文章」というのは「説得力のある文章」や「好感のもてる
文章」のことです。
 原石が玉となって輝く様子をご覧ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

     ―――  も く じ  ―――

(0)作者と作文のプロフィール
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)答案(原文)
   原文右横の「←1」は添削例、「※1」は注意事項です。
  内容は、次の(2)に書きます。
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(2)添削例・諸注意
   本来は答案用紙に赤ペンで書き込んでいる事柄です。メール
  画面という制約上、全てを転記できない場合があります。
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(3)講評
   添削答案に添付しているもので、評価と注意です。受験生に
  は目安のためにランクと得点を付記します。
   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(4)書き直した答案
   上の「(2)」や「(3)」を参考にして書き直したもので
  す。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(0)作者と作文のプロフィール
   
    宙ちゃんは小学3年生。作文道場に来て1年半になります。
   愛読書は『ファーブル昆虫記』で、自分でも近所の林へよく
   虫探しに出かけます。

    今年の正月にお年玉を「なんと、5000円も」もらった
   ので、イグアナを飼うことにしました。インターネットや電
   話帳でいろいろ調べて、幼いイグアナを3980円で手に入
   れることができました。
    そのイグアナは今は35センチくらいだということですが、
   成長すると、2メートルにもなるのだそうですね。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   
(1)作文(原文) ―――『イグアナがにげた』―――


 ある日、ぼくと姉がたまたま学校から帰るときにあっ

ていっしょに帰った。家につくと父が「イグアナいるか

?」ときいた。ぼくはいるに決まっていると思いながら   ←1.

ケースをのぞいた。すると、なんと、イグアナがいない。  ※1.

ぼくと姉と父は必死でさがしまくった。ぼくたちは家の   ※2.

すみからすみまでさがしまくった。だが、イグアナはい

ない。そこへ、きょうあそぶやくそくをしていたニッシ

−がきた。ぼくはニッシ−にイグアナがいないことをは

なすと、ニッシ−もいっしょにさがしてくれることにな

った。するとニッシ−が「外にいるんじゃないの」とい   ←2.

った。ぼくもこれだけさがしていないんだったら外にい

るんだと思い外にでた。ニッシ−が「イグアナは何色?」  ※3.

ときいてきたので、ぼくは、「少しきいろと茶色がかっ

たみどりいろ」といった。そして20分ぐらいさがしたが   ※4.

いないのでニッシ−とイグアナはわすれてあそんでいた。  ←3.

ニッシ−が帰ったあと、母がかえってきた。母にイグア   ※5.

ナのことをはなすと、母もさがしてくれた。そして、ま

たさがしていると、母がカーテンにいるのをみつけた。   ※6.

ぼくは本当にみつかってよかったと思った。

              (以上、約500字)

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(2)添削例・諸注意

   ←1.ぼくは、いるに決まっていると思いながら、……
   ※1.ここで改行する。
   ※2.さがした所を全部書こう。

   ←2.少しさがして、ニッシ−が……
   ※3.改行する。
   ※4.さがした場所を全部書こう。

   ←3.……いないので、イグアナのことはわすれてニッ
     シ−と遊んで……
   ※5.改行する。

   ※6.「カーテンのかげにいた」のか、「カーテンにぶ
     ら下がっていた」のか。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(3)講評(口頭)

   ○ 大事なものがいなくなったとあっては、そりゃあ、
    びっくりしただろうなあ。あわてたことだろう。「必
    死でさがしまくった」というところで、それがよく分
    かる。
     ところで、どんな所をさがしたのかな。それを全部
    書いてみよう。そうすれば、三人の必死な様子も、見
    つかってほっとした様子も、もっとよく伝わるだろう。

   ○ 習った漢字、知っている漢字は使おう。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(4)書き直した答案


 ある日、学校から帰るときに、ぼくと姉がたまたま出

あっていっしょに帰った。家につくと、父が「イグアナ

いるか?」と聞いた。ぼくは、いるに決まっていると思

いながら、ケースをのぞいた。すると、なんと、イグア

ナがいない。

 ぼくと姉と父は必死でさがした。ぼくたちは机の下か

ら押入れの中、風呂場の湯船の下、トイレの中まで、家

のすみからすみまでさがしまくった。だが、イグアナは

いない。そこへ、今日遊ぶやくそくをしていたニッシ−

がやって来た。ぼくはニッシ−にイグアナがいないこと

を話すと、ニッシ−もいっしょにさがしてくれた。少し

さがして、ニッシ−が「外にいるんじゃないの」と言っ

た。ぼくも、これだけさがしていないんだったら、外に

いるんだと思って外に出た。

 ニッシ−が「イグアナは何色?」と聞いたので、ぼく

は、「少し黄色と茶色がかった緑色」と答えた。そして、

いろんな所をさがした。マンションの下、マンションの

うら、ロッカーとロッカーの間をさがした。20分ぐらい

たった。でも、どこにもいなかった。とうとうイグアナ

のことはわすれて、ニッシ−と遊んだ。

 ニッシ−が帰ったあと、母が帰ってきた。母にイグア   

ナのことを話すと、母もさがしてくれた。またさがして

いると、母がカーテンにぶら下がっているのを見つけた。

ぼくは、見つかって本当によかったと思った。

 イグアナはかくれんぼがじょうずだ。

               (以上、約650字)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

もどる

モノレール(東京・立川)